『ねこすけくんがねているあいだに・・・』

皆さま、たっぷりと睡眠をとっていらっしゃいますか?
お子さまは大丈夫ですか。
この絵本は睡眠の大切さを分かりやすく描いているみんいく(眠育)絵本です。

『ねこすけくんがねているあいだに・・・』 
(監修/西野精治 著書/木田哲生 伊東百代 絵/さいとうしのぶ リーブル)

ねこすけくんはベッドにこっそりかくしていたスマホでゲームをはじめました。
すると、「こらあ、いいかげんにしろー!」とひつじのネルくんがあらわれて、
「あたまのなかがたいへんなことになっている」といって、あたまの中の部屋を順番に見せてくれます。
しっかり眠らないと毎日元気でいられなくなるなんてねこすけくんはびっくり!
睡眠中も脳は休まずに体のメンテナンスをしているんだね。

四者で話し合って子どもたちが”たっぷり眠ることが”大切だということが伝わるように作った絵本。
絵は「あっちゃんあがつく」でおなじみのさいとうしのぶさん。
迷路やクイズもあって親子で楽しく読める。
同じく眠育絵本、前作に『ねこすけくん なんじにねたん?』がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です